MeVisLab

次世代3D可視化解析ライブラリ

MeVisLabは、MeVis Medical Solutions AG社(ドイツ)が開発した、医用画像処理に特化した強力な画像処理ライブラリです。MeVisLabにより、最新のアルゴリズムと医学研究向けアプリケーションの迅速なプロトタイプ開発が可能になります。

主な機能

  • 標準的な画像処理アルゴリズムと高度な医用画像モジュール
  • 柔軟でダイナミックな2D/3Dの可視化とインタラクティブツール
  • 階層的なモユジュールネットワークによるグラフィカルプログラミング
  • 巨大データに対するハイパフォーマンス
  • 拡張可能なC++による画像処理ライブラリ
  • マルチスレッドまたはバックグラウンド処理による並列化処理のオプション
  • オブジェクト指向のGUIデザインとスクリプティング
  • PythonとJavaScriptによる強力なスクリプティング機能
  • 統合開発環境(エディタ、自動補間、デバッガ)
  • DICOMのサポートとPACSとの統合
  • ITK,VTKを包括的に統合
  • クロスプラットフォーム(Windows 64bit, Linux, Mac OS X)

アプリケーション開発事例(弊社にてMeVisLabによるアプリケーション開発を承ります)

・脳神経外科向けトラクトグラフィー表示ソフトウェア
  • 複数ROIの設定により任意の神経抽出が可能
  • 重畳表示の切替が可能
  • カラー.OBJ、3D-PDFへの出力に対応
Tractography
 
・3Dレジストレーション(位置合わせ)ツール
  • 豊富な位置合わせアルゴリズム(NMI、SSD、LCC、NCC、NGF)より選択可能
  • 位置合わせの収束グラフ化
3Dレジストレーション(位置合わせ)ツール 収束グラフ
 
・CPR(Curved MPR)表示ソフトウェア
CPR(Curved MPR)表示ソフト
 
MeVisLab logo

ドキュメント

    近日掲載予定です


MeVisLab開発元

  • MeVis Medical Solutions AG