Dragonfly

次世代高度3D画像処理ソフトウェア

Dragonflyは、Object Research Systems社(カナダ)製、マルチモダリティ、マルチスケール対応の3D可視化プラットフォームです。ユーザーフレンドリーなGUIで、インパクトのある可視化と高度な解析が実現可能です。

3D printed aluminum mesh
3D Visualization of a Cheetah Skull

主な機能

  • データ入力:Image stacks (Tiff, JPEG, PNG, BMP), MRC, REK, Analyze7.5, DICOM3.0, RAW Images, Animation/Movie
  • 画像処理:Bilateral, Gauss, Mean, Mean Shift, Median, Canny, Dif, Laplacian, Prewitt, Scharr, Sobel, CLAHE, Local Histogram Equalization, Texture analysis, Morphological filters, Otsu, other thresholding, Arithmetic, Batch processing.
  • 可視化機能:MPR+3/4D viewing(連動), Clipping, 豊富なカラーマップ, Fusion/Registration(Manual, Auto), 高性能ボリュームレンダリング, 豊富なカラーマップ, 高性能サーフェスレンダリング
  • セグメンテーション:機械学習セグメンテーション, Active Contour, Auto Segmentation, 2/3D Tools(Brush, Point-and-Click, Grow)閾値処理, セグメンテーションされた領域のDilate, Erode,Open,Close, ブーリアン演算
  • 計測項目:長さ, 角度, 表面積, 体積, 粒子の方位, 3D形状の再構成, 形状の厚み
  • 自動化と機能拡張:Pythonスクリプトによる機能拡張, マクロの記録と再生, Infinite Toolboxによる拡張機能の共有
  • プレゼンテーション:アノテーション, 高解像度のスナップショット出力, アニメーション動画出力
Active Contourによるセグメンテーション
Visual Shapesツール
dragonfly


ドキュメント


Dragonfly開発元

  • Object Research Systems